ベストケンコーで正規薬の通販する安心感

国内ではまだ未承認となっている薬の中には、海外では正規の薬として承認されて普通に使用されているものがあります。
これは、各国ごとの薬事法等による定められた基準に違う点があるために生じている差です。
ですから、国内の病院・薬局等では販売されていないけれど、海外では効果・効能が期待できると正式に承認されて流通している薬が存在しています。
これらの国内では未承認薬となっているものを、困っている症状や苦しんでいる症状の改善のために使用したい場合には、個人輸入の範囲でならば購入することが可能です。
厚生労働省が示す範囲とは、軟膏や点眼薬等の外用薬は一品につき24個以内、処方箋薬は用量・用法に照らし合わせて1か月分以内、その他の医薬品は同様に2ヶ月分以内というようになっています。
これらの範囲内であり、且つ、営業等の理由によるものではなくて個人使用の目的であるとはっきりしている場合に限られるのです。
ですから、入手した薬を他人へ譲るのも売るのも駄目ですし、他人の分もまとめて購入するのも認められていません。
こういったことをよく理解した上で、個人の責任において購入・使用することが大切ですね。
しかし、個人輸入といっても、海外の薬を購入するというのは容易ではありません。
そのため、個人輸入代行業者を利用することも視野に入れている人が多いのではないでしょうか。
このような業者を利用する場合には、いくつか注意すべき点があります。
例えば、正規の薬を取り扱っているのかどうかという点です。
ベストケンコーならば、国内ではまだ認められていない海外で製造されたジェネリック薬の個人輸入代行をしてもらえます。
ベストケンコーは、世界でもトップクラスのジェネリック薬製造をしているインドの正規ジェネリック薬を取り扱っているからです。
インドの国内法では医薬品の製法特許を認められており、世界の中でも早くから低コストでより良いジェネリック薬を製造する技術を推し進めることができました。
そのため、今では世界各国に製造したジェネリック薬を輸出しているという実績を持っているのです。
そのインドの正規ルートを活用していますから、ベストケンコーで通販することには安心感がありますね。
また、ED薬や避妊薬、ダイエット関係や水虫関係等の他人にはあまり知られたくない症状改善のための利用者がいることも踏まえて、ベストケンコーで購入する時の梱包は中身が分からないように商品名の記載をしていないので助かります。
また、全国一律で利用者側の送料負担なしで手数料も必要ないというのが嬉しいサービスではないでしょうか。
尚、それぞれが抱えている困った症状や苦しんでいる症状については、もしかしたら表出している症状以外に別の原因が考えられる場合もあります。
ですから、まずは病院できちんと診察を受けてから、その上でベストケンコーのような正規品を扱っている個人輸入代行業者を利用して海外のジェネリック薬を試すことも考えてみるとよいかもしれません。

Comments are closed.